格安スマホの注意点

皆さん、こんにちは。
インストラクターの石田です。

最近は格安スマホ(MVNO)が普及し始めてきましたね。私も昨年の12月にソフトバンクから楽天モバイルの格安スマホに変更しました。
しかし、格安スマホの認識不足によるトラブルも増えてきているようです。

格安スマホに関するトラブルで国民生活センターが注意喚起しているのは以下の点です。

  1. キャリアメールが使えない
  2. サポートが電話窓口だけで繋がりにくい
  3. 修理の時に代替機を貸してもらえない

1.キャリアメールが使えない

実は、1番の「キャリアメールが使えない」というのは、私が格安スマホに変更するのに迷っていた点です。

私は趣味でテニスをやっているのですが、テニスサークルの連絡をメールで送っているのですが携帯の迷惑メール対策でパソコンからのメールが届かない設定になっている方がおられます。

そのため、キャリアメールが使えなくなると、届かなくなる恐れがあり最大のネックでした。
そこで、メンバーの方にご協力をお願いしメールの許可リストに加えていただくことでメールが届くようになり無事格安スマホに代えることが出来ました。

そのため、1年半乗り換えを遅らせました。変更したのは2年経過していませんのでソフトバンクから変更するときには違約金と前機種の残金と支払う形になりました。

格安スマホと言うのは、DoCoMo、au、ソフトバンクというキャリアと契約しないサービスなのでキャリアメールが使えないのは当然と言えます。

したがって、格安スマホに変更を検討されている方は相手の方に許可リストに入れてもらうか、ラインやSMSなどの別の手段を使うか検討する必要があると思います。

2.サポートが電話窓口だけで繋がりにくい

DoCoMoやauやソフトバンクなどの料金が高いのは何故でしょうか?
それはサポート用の店舗を多く確保しているからです。

例えば2016年10月現在のドコモショップの店舗数は約2,400店舗だそうです。
参考サイト

これだけ多くの店舗を抱えると維持費が非常に多くかかります。
逆にいうと、格安スマホが安いのは、サポート用の店舗がない(少ない)からです。

したがって電話窓口だけと言うのもやむをえないですし、待ち時間が長いのも仕方がないでしょう。
実際、ドコモショップなどに言っても30分ぐらいの待ち時間はあるはずです。

つまり、電話窓口でも、それぐらい待つこともやむをえないかもしれません。

私たちの教室はパソコン教室ですがスマートフォンに関して質問されることもあります。
もちろん、いくらでもお答えさせていただきますがレッスン時間中に質問をしていただくことになりますので、有料で教えていることになります。

ドコモショップなどの場合は無料でサポートしてもらえるわけですから、店舗を多く利用される方は格安スマホよりもキャリアで申込されたほうが良いでしょう。

逆にいえば、普段の利用料にサポート料が含まれているとも言えますので、遠慮せずに聞きに行っても良いと思います。
もちろん、お近くのパソコン教室等がスマートフォンもサポートしているようでしたら、格安スマホに代えてわからない点はパソコン教室でサポートしてもらうのも一つの選択肢でしょう。

3.修理の時の代替機の貸し出しがない

意外と見落としがちなのが、この部分です。キャリアでは代替機の貸し出しは当たり前に行ってもらえるサービスなのですが、実はすごいサービスですね。

例えば、テレビなどが故障して修理しても代わりは貸してもらえませんね。あまりに当たり前すぎて忘れがちですが、元々非常に大きなサービスだということが言えます。

特に今の時代、携帯やスマホがないと困るという人も多いかと思いますので、代替機がないと困る方は格安スマホにされる際は注意してください。

4.その他の注意点

国民生活センターで注意喚起されていませんが、見落としがちな注意点をご紹介します。

・留守番電話サービスがない場合がある

例えば、Nifmoなどは留守番電話サービスがありませんのでセンターで預かってもらうことが出来ません。楽天モバイルなどは有料ですが、留守番電話サービスがありますので必要な方はしっかりとチェックすることをお勧めします。

・3日間制限に注意

格安スマホの事業者によっては3日間の通信量によって速度制限が入る3日間制限がある場合があります。
私が契約している楽天モバイルも最初は3日間制限がありました。現在は廃止されています。

・音声プランの場合、最低利用期間がある

通話もできる音声プランの場合、通常6か月から12か月程度の最低利用期間があります。
この期間以内に解約してしまうと、違約金がかかってしまうので注意してください。
格安スマホの場合、DoCoMoなどの大手キャリアの回線を借りて利用していますので場合によっては速度が遅いと感じることがあるかもしれません。

その場合に、他の事業者に乗り換えようと思っても最低利用期間以内に乗り換えると違約金がかかるので注意が必要ですね。

 

キャリアでも格安スマホでも、それぞれに一長一短がありますので、しっかりと検討して選ぶことをお勧めします。
また、通話やメールは従来のガラケー(フィーチャーフォン)を使用して、アプリやネットなどは格安スマホを使うという2台持ちの選択もありです。

この場合のメリットして、たとえばネットやゲームなどのやり過ぎでバッテリーが無くなっても通話やメールに支障がないという点やスマホにアドレス帳などの個人情報をあまり入れなくてよいので安全に使えるなどがあります。

データ通信のみだと安く契約できますので、本体代を除けば1台で機種変更するのに比べてさほど高くなりません。

デメリットとしては2台持たないといけないので、かさばるという点でしょうか。

 

迷ったら、ぜひ一度ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL